いじめの意識調査による教育心理学的取り組みⅠ.中学生の場合

URI http://cur-ren.cjc.ac.jp/metadata/84
FulltextURL
Title
いじめの意識調査による教育心理学的取り組みⅠ.中学生の場合
Title Alternative
A Survey Conducted on Bullying from the Perspective of Educational Psychology: A Study of Junior High School Students
Author
著者 平松 芳樹
著者(別表記) Hiramatsu Yoshiki
Abstract

いじめの問題は,その被害を受けた人にとって深刻な問題であると同時に,加害者を生み出す現代の家庭,学校,礼会の問題でもある。今回,中学生を対象に,いじめられた経験,いじめた経験,いじめを見た経験,およびいじめにつ
いての考え方で構成した質問紙を作成して,いじめの意識調査を実施した。その結果をまとめて報告することが第1の目的である。さらに,学校現場へ結果をフィードバックして全教員で検討する試みを実施した。また,幼児教育科の学生教育の教材としても活用した。こうした教育心理学的取り組みが,いじめを予防する対策の一環として機能する可能性を見いだすことも検討した。

Subject
370 Education
Keyword
いじめ
意識調査
教育心理学的取り組み
いじめ予防
Publish Date
2004-06-16
Publication Title
中国学園紀要
Publication Title Alternative
Journal of Chugokugakuen
Volume
3
Start Page
53
End Page
58
ISSN
1347-9350
NCID
AA11806598
Publisher
中国学園大学/中国短期大学
Copyright Holders
中国学園大学/中国短期大学
Official URL
Contents Type
Departmental Bulletin Paper
language
Japanese
File Version
publisher