味覚刺激がヒトの自律神経および末梢血流に及ぼす影響

URI http://cur-ren.cjc.ac.jp/metadata/825
FulltextURL
Title
味覚刺激がヒトの自律神経および末梢血流に及ぼす影響
Title Alternative
Effect of Taste Stimulation on the Efferent Activity of the Autonomic Nerves and the Bloodstream in Young Women
Author
著者 太田 義雄
著者(別表記) Ohta Yoshio
著者 影山 智絵
著者(別表記) Kageyama Chie
著者 大森 梨菜
著者(別表記) Ohmori Rina
著者 中尾  麻由子
著者(別表記) Nakao Mayuko
著者 西谷  実真
著者(別表記) Nishitani Mima
著者 福居 智子
著者(別表記) Fukui Satoko
Subject
490 Medical sciences. Pharmaceutics
Keyword
味覚刺激
自律神経
末梢血流
ショウガ
References

1)山本 隆(2008) ネスレ栄養科学会議 監修 食と味覚, pp.37-38, 建帛社,東京
2)山本 隆(2008) ネスレ栄養科学会議 監修 食と味覚, pp.38-41, 建帛社,東京
3)石原結實(2009)生姜力,pp.64,主婦と生活社,東京
4)石見百江,寺田澄玲,砂原 緑,下岡里英,嶋津 孝(2003)ショウガの成分がラットのエネルギー代謝に及ぼす効果,日本栄養・食糧学会誌,56,159-165
5)藤澤史子,灘本知憲,伏木 亨(2005)ショウガ摂取がヒト体表温に及ぼす影響,日本栄養・食糧学会誌,58,3-9
6)石原結實 (2010)石原結實式 生姜で体温を上げて健康になる,pp.12-46,宝島社,東京
7)山田典子,・吉村裕之(2010)若年女性の冷え症に対するロイヤルゼリーの摂取の改善効果,日本栄養・食糧学会誌,63,271-278
8)安保 徹(2011)病気が治る免疫相談,pp.272,ソフトバンク クリエイティブ,東京
9) 安 保  徹(2007) 自 分 で す ぐ で き る 免 疫 革 命,pp.97-103,大和書房,東京
10)日本自律神経学会 編(2007)自立神経機能検査 第4版,pp.246-252,文光堂,東京
11)岩井和夫, 河田照雄(1989),岩井和夫,中谷延二編集,香辛料成分の食品機能,pp.108-124,光生館,東京

Publish Date
2014-06-16
Publication Title
中国学園紀要
Publication Title Alternative
Journal of Chugokugakuen
Volume
14
Start Page
123
End Page
128
ISSN
1347-9350
NCID
AA11806598
Publisher
中国学園大学/中国短期大学
Copyright Holders
中国学園大学
中国短期大学
Contents Type
Departmental Bulletin Paper
language
Japanese
File Version
publisher