修正国際基準に関する公開草案と今後の方向性

URI http://cur-ren.cjc.ac.jp/metadata/818
FulltextURL
Title
修正国際基準に関する公開草案と今後の方向性
Title Alternative
Exposure Draft of JMIS and the Future
Author
著者 橋本 和久
著者(別表記) Hashimoto Kazuhisa
Abstract

 わが国の企業が利用可能な4つ目の会計基準となる修正国際基準の公開草案が公表された。国際会計基準のうちわが国の会計の考え方になじまない部分をエンドースメントされた会計基準であるが,国際会計基準の任意適用企業の積上げ,わが国の発言力の確保,あるべき国際会計基準の意見発信といった目的・役割が期待されている。本稿では,公表された公開草案とこれに寄せられたコメントなどにより,これらの目的・役割を果たすことができるのかを検討し,今後の方向性を考察している。

Subject
330 Economics
Keyword
修正国際基準
JMIS
アドプション
IFRS
References

加藤厚ほか,「座談会 IFRS導入促進への道筋-日本の会計制度の将来的展望-」『企業会計』Vol.67 No.1(2015年1月号),129頁-157頁。
企業会計基準委員会,「意見募集『アジェンダ協議2011』に対するコメント」,2011年11月。
―――,公開草案「修正国際基準(国際会計基準と企業会計基準委員会による修正会計基準によって構成される会計基準)(案)」,2014年7月。
企業会計審議会,「我が国における国際会計基準の取り扱いに関する意見書(中間報告)」,2009年6月。
―――,「国際会計基準(IFRS)への対応のあり方に関する当面の方針」,2013年6月。
小賀坂敦,「修正国際基準(JMIS)の公開草案-エンドースメント手続の意義を中心として」『企業会計』Vol.66 No.11(2014年11月号),26頁-34頁。
自由民主党政務調査会,「国際会計基準への対応についての提言」,2013年6月。
島崎憲明,「東京サテライトオフィスと日本への期待」『季刊会計基準』Vol.33,11頁-16頁,2011年6月。
辻山栄子,「修正国際基準をめぐる課題」『企業会計』Vol.66 No.11(2014年11月号),35頁-44頁。
橋本和久,「国際財務報告基準の動向」『中国学園紀要』第13号(2014年6月),61頁-69頁。
Suzuki Tomo, オックスフォード・レポート:日本の経済社会に対するIFRSの影響に関する調査研究(The Impact ofIFRSon Wider Stakeholders of Socio-Economy in Japan)金融庁提出ポリシー・ディスカッション・ペーパー;初度提出: 2012年3月30日(Policy Discussion Paper; Submitted to Financial Services Agency, the Government of Japan; 30th March, 2012; Tokyo.

Publish Date
2015-06-16
Publication Title
中国学園紀要
Publication Title Alternative
Journal of Chugokugakuen
Volume
14
Start Page
59
End Page
68
ISSN
1347-9350
NCID
AA11806598
Publisher
中国学園大学/中国短期大学
Copyright Holders
中国学園大学
中国短期大学
Contents Type
Departmental Bulletin Paper
language
Japanese
File Version
publisher