“Teaching for Understanding”の導入が我が国の理科教育へ及ぼす影響

URI http://cur-ren.cjc.ac.jp/metadata/797
FulltextURL
Title
“Teaching for Understanding”の導入が我が国の理科教育へ及ぼす影響
Title Alternative
The Implications of Introducing the“Teaching for Understanding” Methodology in Japanese Science Education
Author
著者 佐々木 弘記
著者(別表記) Sasaki Hironori
Abstract

 ハーバード大学教育学大学院が提唱するTeaching for Understanding(以下,TfUと略す)について,目的・Understandingの捉え方・フレームワーク・学習指導法などを概括した。そして,TfUを我が国の理科教育へ導入する際に及ぼすと考えられる影響を指摘した。また,構成主義の流れを概括し,TfUが掲げる「パフォーマンス構成主義」を
構成主義の流れの中に位置付けた。

Subject
370 Education
Keyword
Teaching for Understanding
理科教育
構成主義
問題解決学習
パフォーマンス
References

1)加藤幸次・安藤輝次:総合学習のためのポートフォリオ評価,黎明書房,p.37,1999
2)Project Zero Classroom
http://www.gse.harvard.edu/ppe/programs/prek-12/portfolio/project-zero-classroom.html
3)ソニー教育財団 海外での研修
http://www.sony-ef.or.jp/overseas/institute/index.html
4)Perkins,D.:What Is Understanding, Wiske,M. S.(Eds.) Teaching for Understanding . San Francisco: Jossy-Bass, p.57,1998
5)Osborne,R.&Freyberg,P.編 森本信也・堀哲夫訳:子ども達はいかに科学理論を構成するか,東洋館出版,pp.123-125,1985
6)拙著:構成主義学習論を適用した中学校理科の指導法に関する研究~新学力観に立つ学習指導を実現するために~,岡山大学大学院教育学研究科修士論文(未公刊),1998
7)前掲書1),p.38
8)Gardner,H.,黒上晴夫監訳:多元的知能理論の世界-MI理論の活用と可能性-,日本文教出版,2003
9)文部科学省:中央教育審議会初等中等教育分科会教育課程部会,児童生徒の学習評価の在り方について( 報 告 ),http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/004/gaiyou/attach/1292216.htm,2010
10)Perkins,D.,op.cit.,p.40
11)Ibid.,pp.47-51
12)Blyth,T.et al.:The Teaching for Understanding Guide. San Francisco: Jossy-Bass,1997
13)Ibid.,p.98
14)Perkins,D.:Making Learning Whole. San Francisco: Jossy-Bass, pp.3-7,2009
15)Blyth,T.et al. op.cit.,p.110
16)Perkins,D.,op.cit.,pp.54-56
17)Cobern,W.W.:Contextual Constructivism: The Impact of Culture on the Learning and Teaching of Science, In Tobin, K.,(Ed.), The Practice of Constructivism in Science Education. UK:Lawrence Erlbaum Associates, p.52,1993

Publish Date
2013-06-16
Publication Title
中国学園紀要
Publication Title Alternative
Journal of Chugokugakuen
Volume
13
Start Page
141
End Page
146
ISSN
1347-9350
NCID
AA11806598
Publisher
中国学園大学/中国短期大学
Copyright Holders
中国学園大学
中国短期大学
Contents Type
Departmental Bulletin Paper
language
Japanese
File Version
publisher