ショウガ摂取がヒトの体温および末梢血流に及ぼす影響

URI http://cur-ren.cjc.ac.jp/metadata/765
FulltextURL
Title
ショウガ摂取がヒトの体温および末梢血流に及ぼす影響
Title Alternative
The Effects on Temperature and the Peripheral Bloodstream of Oral Ingestion of Ginger in Young Woman
Author
著者 安里 美季子  
著者(別表記) Asato Mikiko
著者 奥田 友美
著者(別表記) Okuda Tomomi
著者 高下 知子
著者(別表記) Khoge Tomoko
著者 春松 美緒
著者(別表記) Harumatu Mio
著者 藤原 莉沙
著者(別表記) Fujiwara Risa
著者 三宅 教子
著者(別表記) Miyake Kyoko
著者 太田 義雄
著者(別表記) Ohta Yosio
Abstract

 ショウガは漢方で利用されるとともに,食材としても香辛料としても広く利用されている。また,ショウガは最近,身体の「冷え」改善の食材としても注目されている。しかし,ヒトがショウガ摂取した際に「本当に体温が上昇するのか?」については報告が少ない。そこで今回は,人体の生理学的変化を指標にショウガの体温上昇効果についての検証を試みた。まず,ショウガ摂取して短時間後に体感的に指先での血流の変化を感じられる。そこで,ショウガ摂取後の体温,血圧,脈拍数についてその変化を調べた。その結果,体温,血圧については,対照と比べて変動は認められなかった。しかし,脈拍数は摂取1~3分で一時的に上昇し,その後減少が認められた。この脈拍の変動と連動して,指末梢血流も一時的に減少し,摂取後3~5分で徐々に回復した。この血流回復の時期と体感的に体温上昇を感じる時期とは一致していた。摂取後,短時間での末梢血流量の増大は認められたが,体全体の温度の上昇は明確には確認できなかった。

Subject
490 Medical sciences. Pharmaceutics
Keyword
ショウガ
末梢血流
自律神経
References

1)大和孝子,青峰正裕(2002)女子大学生における冷え症と身体状況および生活環境との関連,総合診断,29,878-884.
2)川嶋 朗,心もからだも「冷え」が万病のもと,集英社,東京.
3) 川嶋 朗 (2008)「冷え」を取れば万病が治る,宝島社,東京.
4)石原結實(2010)石原結實式 生姜で体温を上げて健康になる,宝島社,東京.
5)畑中知子(2010)ショウガでカラダを温め 肩こり,冷えをなおす,コスミック出版,東京.
6)石原結實(2009)生姜力,p.64,主婦と生活社,東京.
7)石見百江,寺田澄玲,砂原 緑,下岡里英,嶋津 孝(2003)ショウガの成分がラットのエネルギー代謝に及ぼす効果,日本栄養・食糧学会誌,56,159-165.
8)藤澤史子,難本知憲,伏木 亨(2005)ショウガ摂取がヒト体表温に及ぼす影響,日本栄養・食糧学会誌,58,3-9.
9)日本自律神経学会 編(2007)自立神経機能検査
第4版,p.246-252,文光堂,東京.

Publish Date
2013-06-16
Publication Title
中国学園紀要
Publication Title Alternative
Journal of Chugokugakuen
Volume
12
Start Page
105
End Page
110
ISSN
1347-9350
NCID
AA11806598
Publisher
中国学園大学/中国短期大学
Copyright Holders
中国学園大学
中国短期大学
Contents Type
Departmental Bulletin Paper
language
Japanese
File Version
publisher