中学生・高校生の生活状況と健康教育・健康管理上の問題点 ―日本語版便秘評価尺度を使用して―

URI http://cur-ren.cjc.ac.jp/metadata/743
FulltextURL
Title
中学生・高校生の生活状況と健康教育・健康管理上の問題点 ―日本語版便秘評価尺度を使用して―
Title Alternative
Lifestyle and Problems of Health Education and Health Care Administration for Junior and Senior High School Students -Based on the Japanese Version of Constipation Assessment Scale-
Author
著者 新沼 正子
著者(別表記) Niinuma Masako
著者 田村 理恵
著者(別表記) Tamura Rie
Abstract

 現代社会の情報化や生活環境の多様化などは、児童・生徒の生活習慣に著しい影響を与えている。生活習慣の問題点は、健康への影響も無視し得ない。そこで、本研究では生徒の健康教育と健康管理上の問題点を探ることは、学校生活の充実に有用であると考え、日本語版便秘評価尺度(CAS)を用いて数量化し、生活状況との関わりについて検討を行った。
 その結果、中学生21.58 %、高校生15.58 %が便秘傾向にあった。生活状況については、便秘評価を指標として捉えた結果、就寝・覚醒・学校生活への影響が女子において、より顕著であった。また、CAS得点を低く維持するために「毎日・ほぼ毎日」食べることが望ましい食品は「ご飯・肉・卵・牛乳・野菜・味噌汁」であった。
 これらのことから、排便習慣を健康生活の一部として捉え、中学・高校生の健康教育に取入れる必要性が示唆された。また排泄に関する一般的な情報に加え、CASのような客観的な指標を便秘評価として活用することが健康管理上有効と考えられる。

Subject
370 Education
490 Medical sciences. Pharmaceutics
Keyword
中学生
高校生
生活状況
便秘評価
References

1)財団法人日本学校保健会:「平成18年度児童生徒の健康状態サーベイランス事業報告書」,(2008),pp.25-82.
2)McMillan S.C.,Williams F.A.:Validity and reliability of the constipation assessment scale.Canner Nursing (1989) 12(3),pp.183-189.
3)深井喜代子,杉田明子,田中美穂:日本語版便秘評価尺度の検討. 看護研究(1995) 28(3),pp.201-208.
4)Walter Willett,田中平三 訳:「食事調査のすべて―栄養疫学―」,第一出版(1996),pp.54-75.
5)門田新一郎,中永征太郎,村主由紀:学生の健康管理に関する研究(Ⅲ)―女子学生の食生活及び運動習慣と健康状態との関連性について―.岡山大学教育学部研究集録(1999)110,pp.77-85.
6) 岸 根 卓 郎:「 理 論 応 用 統 計 学 」, 養 賢 堂(1970),pp.418-439.
7)厚生労働省:「平成22年国民生活基礎調査」,pp.42.
8)中永征太郎,真竹昭宏,佐藤孜郎:日常食におけるエネルギー・たんぱく質・食物繊維ならびに摂取食品数相互の関係.ノートルダム清心女子大学紀要(1994)18,pp.35-39.
9)中永征太郎,柿木佐恵子,村主由紀:覚醒時の生活条件と食物摂取状況との関連性.幼少児健康教育研究(1998)7,pp.74-77.
10)市岡正道:「生理学概要」,南江堂(1969),pp.127.

Publish Date
2012-06-16
Publication Title
中国学園紀要
Publication Title Alternative
Journal of Chugokugakuen
Volume
11
Start Page
141
End Page
148
ISSN
1347-9350
NCID
AA11806598
Publisher
中国学園大学/中国短期大学
Copyright Holders
中国学園大学
中国短期大学
Contents Type
Departmental Bulletin Paper
language
Japanese
File Version
publisher