創成期の童謡とその音階についての一考察

URI http://cur-ren.cjc.ac.jp/metadata/73
FulltextURL
Title
創成期の童謡とその音階についての一考察
Title Alternative
A Study of the Scales in the Early Stage of Children Songs
Author
著者 松井 みさ
著者(別表記) Matsui Misa
Abstract

童謡は大正時代に,当時の詩人や作曲家によって誕生した。創成期の童謡は,その多くの曲が,江戸時代から日本に伝わる「旋法」と,明治時代西洋から入ってきた「西洋音階」を融合させた音階によって作曲された。それらは「ヨナ抜
き音階」などと呼ばれた,「ヨナ抜き音階」や,それ以外の旋法と西洋音階の融合て作曲された多くの童謡は,我々日本人に広く親しまれた。そしてその音階は童謡のみならず,色々なジャンルの音楽に使用され,現代まで伝えられている。

Subject
760 Music
Keyword
童謡
陽旋法
陰旋法
ヨナ抜き音階
Publish Date
2005-06-16
Publication Title
中国学園紀要
Publication Title Alternative
Journal of Chugokugakuen
Volume
4
Start Page
107
End Page
110
ISSN
1347-9350
NCID
AA11806598
Publisher
中国学園大学/中国短期大学
Copyright Holders
中国学園大学/中国短期大学
Official URL
Contents Type
Departmental Bulletin Paper
language
Japanese
File Version
publisher