音読は注意資源の配分に有効か

URI http://cur-ren.cjc.ac.jp/metadata/703
FulltextURL
Title
音読は注意資源の配分に有効か
Title Alternative
Does Reading Orally Enhance Effective Attentional Resource Allocation?
Author
著者 國田 祥子
著者(別表記) Kunita Syoko
著者 中條 和光
著者(別表記) Chujo Kazumitu
Abstract

 成人の文章理解では,黙読が有利であることが知られている。これに対し,高橋(2007)は,タッピングを行いながら
ガーデンパス文の意味理解を行う課題において,黙読は二重課題が無い場合よりも成績が低下するのに対し,音読では成績が維持されることを見いだし,音読が個々の単語に強制的に注意を配分する読み方であることが成績を維持させた原因であると考察している。本研究では,この音読の注意配分機能が成人の文章理解,特に文字や単語を文に統合するボトムアップ過程において有効であるかどうかを,仮名ひろいテスト(今村,2000)を利用して検討した。音読と黙読の2条件で無意味綴りと物語文の仮名ひろいテストを行った結果,二重課題状況下における無意味綴りの仮名ひろいテストにおいて,黙読よりも音読の方が正確性が高くなる傾向が得られた。このことから,音読はボトムアップ過程において強制的に注意資源を配分する機能があることが示された。

Subject
140 Psychology
Keyword
音読
黙読
注意資源
Publish Date
2011-06-16
Publication Title
中国学園紀要
Publication Title Alternative
Journal of Chugokugakuen
Volume
10
Start Page
109
End Page
117
ISSN
1347-9350
NCID
AA11806598
Publisher Alternative
中国学園大学/中国短期大学
Copyright Holders
中国学園大学
中国短期大学
Contents Type
Departmental Bulletin Paper
language
Japanese
File Version
publisher