岡山県におけるスクールソーシャルワーカーの支援に対する今後の期待について ─ スクールソーシャルワーカー活用校の自由記述の分析をもとに ─

URI http://cur-ren.cjc.ac.jp/metadata/701
FulltextURL
Title
岡山県におけるスクールソーシャルワーカーの支援に対する今後の期待について ─ スクールソーシャルワーカー活用校の自由記述の分析をもとに ─
Title Alternative
The Expectation of Support by School Social Workers in Okayama Prefecture: A Study Based on the Opinions from Schools Making Use of School Social Workers
Author
著者 中 典子
著者(別表記) Naka Noriko
著者 熊谷 英実
著者(別表記) Kumagai Hidemi
著者 岡田 かおる
著者(別表記) Okada Kaoru
Abstract

 本研究の目的は,岡山県におけるスクールソーシャルワーカーに対する学校の期待について検討し,その活用の可能
性について探ることである。そのために,岡山県教育庁指導課が調査をしたスクールソーシャルワーカーに対する今後
の期待についての自由記述をKJ法に基づいて,分類・整理して図解化を図り,その期待についてあらわしている。
 研究の結果,学校は,教育と福祉に関する幅広い知識を持つこと,児童生徒と家族・学校・関係諸機関との連携をす
ることの他にアセスメントすることをスクールソーシャルワーカーに求めていることがわかった。

Subject
370 Education
Keyword
スクールソーシャルワーカー
連携調整
児童生徒
学校
References

原田正文(2006)「他職種からみたスクールソーシャル
ワーカー-精神科医の立場から-」『ソーシャルワーク研究』126,相川書房,125頁。
菊島勝也(2003)「ソーシャル・サポートのネガティヴ
な効果に関する研究」『愛知教育大学教育実践総合センター紀要』6,239頁-245頁。
山野則子(2010)「第1章 スクールソーシャルワーカー
とは何か」文部科学省初等中等教育局児童生徒課『スクールソーシャルワーカー実践活動事例集』,3頁。
山口典子(2011)「資料 2009年度『スクールソーシャ
ルワーカー活用事業』状況」『学校ソーシャルワーク研究(報告書)』42頁-57頁。
川喜田二郎(1970)『続・発想法 KJ法の展開と応用』中公新書。
山野則子(2010)「スクールソーシャルワークの必要性」
『2010年度スクールソーシャルワーク研修』86頁-114頁。

Publish Date
2011-06-16
Publication Title
中国学園紀要
Publication Title Alternative
Journal of Chugokugakuen
Volume
10
Start Page
91
End Page
96
ISSN
1347-9350
NCID
AA11806598
Publisher
中国学園大学/中国短期大学
Copyright Holders
中国学園大学
中国短期大学
Contents Type
Departmental Bulletin Paper
language
Japanese
File Version
publisher