韓国IT産業における人材獲得政策 ─ 2000年代の政府の政策を中心に ─

URI http://cur-ren.cjc.ac.jp/metadata/700
FulltextURL
Title
韓国IT産業における人材獲得政策 ─ 2000年代の政府の政策を中心に ─
Title Alternative
The State Policy of Brain Gain in the Korean IT Industry
Author
著者 宋 娘 沃
著者(別表記) Song Nangok
Abstract

 韓国のIT産業とりわけ半導体メモリー,放送・通信機器,液晶表示装置(LCD)分野は1990年代半ば以降,持続的な
成長を成し遂げ,韓国経済の発展を牽引する重要なリーディング産業となっている。科学技術分野におけるアメリカで
の韓国人博士取得者のアメリカ滞在率は1997年から2008年までの時期は,70%から80%を占め,頭脳流出の時期であった。その頭脳流出の主要因は1997から98年に起こったアジア通貨経済危機による企業の統廃合,雇用環境の悪化,正規雇用の削減,非正規雇用の急増であった。1997年以降の頭脳流出に危機感を感じた韓国政府は頭脳流出に歯止めをかけるために,外国人人材の獲得の対策として,①IT CARD,GOLD CARD,サイエンスCARDによる人材獲得,②IT関連招聘教授,IT関連留学生招聘,③IT企業に必要な人材の韓国への招聘などが講じられた。韓国IT産業の人材移動は80年代から90年代前半の頭脳循環から1990年代半ば以降は頭脳流出へと確実に移行しつつある。現時点での韓国IT産業の人材移動は頭脳流出と同時に頭脳獲得という新たな段階に来ているといえる。

Subject
360 Society
Keyword
頭脳循環
頭脳流出
頭脳獲得
IT人材
References

○ 韓国語文献
・金チョンオン他共著『IT産業両極化現況と政策方向』
情報通信政策研究院,2005年。
・ジンミソク他共著『科学技術分野海外博士の進路と高
級人的支援政策』韓国職業能力開発院,2006年。
・韓国貿易協会『グローバル人材の移動現況と各国の誘
致戦略』2006年。
・科学技術部『理工系人材海外流出・入指標調査及び収
支分析』2006年。
・国会予算処『IT高級人材養成評価事業』2006年。
・金チョンオン他共著『IT産業波及効果分析と産業間不
均衡成長解消方案研究』情報通信政策研究院,2007
年。
・国家科学技術諮問会議『優秀理工系人材誘引・確保方
案』2007年。
・情報通信部『IT専門人材需給差分析及び展望研究』
2007年。
・情報通信部『2007年度情報通信人材育成事業試行計画
案』2007年。
・現代経済研究院「新成長動力リポート-韓国の高級頭
脳空洞化現象と対応方案-」2007年。
・李ジヨン他著『科学技術分野核心人材の経歴段階と人
的資源政策』韓国職業能力開発院,2007年。
・インクルート編『月刊人材経営』2008年1月号。
・ソンチャンヨン・バクギボム他著『理工系危機と政策
対応:高級化学技術人材を中心に』韓国職業能力開発
院,科学技術政策研究院,2008年。
・鄭求鉉他共著『韓国企業のグルーバル経営』ウィズダ
ムハウス,2008年。
・韓国電子情報通信産業振興会『2008年情報通信部門人
材動向報告書』,2009年。
・金ジンヨン・李ションジェ「国内理工系博士教育及び
労働市場特性分析と示唆点-OECD及びEU主要国との比
較を中心に-」韓国科学技術企画評価院,2009年。
・『東亞日報』2005年5月24日付。
・『ソウル新聞』2005年3月21日付。
・『ハンギョレ新聞』2005年10月27日付。
・『電子新聞』2007年1月24日付。
・『朝鮮日報』2008年10月17日付,2009年11月6日付。
・『中央日報』2009年8月10日付。
○ 日本語文献
・宋娘沃『技術発展と半導体産業-韓国半導体産業の発
展メカニズム-』文理閣,2005年。
・宋娘沃「韓国IT産業の労働市場」夏目啓二編著『21世
紀の企業経営-IT革命とグローバリゼーションの時代
-』日本評論社,2006年。
・宋娘沃「三星電子の技術形成」橋本輝彦・岩谷昌樹編
『組織能力と企業経営-戦略・技術・組織へのアプ
ローチ-』晃洋書房,2008年。
・アナリ・サクセ二アン著/酒井泰介訳『最新・経済地
理学』日経BP社,2008年。
・『日本経済新聞』2009年6月30日付。
○ 英語文献
・Hahzoong Song.(1997)“From Brain Drain to Reverse
Brain Drain: Three Decades of Korean Experience,” Science,Technology & Society,vol.2,No.2.
・IMD.(1991,2001-2009),The World Competitiveness Yearbook.
・OECD(2008),The global Competition for Talent:Mobility of the Highly Skilled.
・Sunwoong Kim.(2006),“Brain Drain, Brain Gain, and Korean Global Network: A Critical Literature Survey and Research Agenda,”

Publish Date
2011-06-16
Publication Title
中国学園紀要
Publication Title Alternative
Journal of Chugokugakuen
Volume
10
Start Page
83
End Page
90
ISSN
1347-9350
NCID
AA11806598
Publisher
中国学園大学/中国短期大学
Copyright Holders
中国学園大学
中国短期大学
Contents Type
Departmental Bulletin Paper
language
Japanese
File Version
publisher