CEFRと日本の外国語教育(1)─ CEFRの成立とその概要 ─

URI http://cur-ren.cjc.ac.jp/metadata/697
FulltextURL
Title
CEFRと日本の外国語教育(1)─ CEFRの成立とその概要 ─
Title Alternative
CEFR and Language Learning in Japan(1)─ The Formation of CEFR and its Outline ─
Author
著者 松畑 熙一
著者(別表記) Matsuhata Kiichi
著者 橋内 幸子
著者(別表記) Hashiuchi Sachiko
著者 佐生 武彦
著者(別表記) Saiki Takehiko
著者 大橋 典晶
著者(別表記) Ohashi Noriaki
著者 竹野 純一郎
著者(別表記) Takeno Junichiro
Abstract

 本稿は,CEFR(Common European Framework of Reference for Langauges: Learning, teaching, assessment;ヨ-ロッパ言語共通参照枠)について,その成立に至る歴史的背景と基本的特徴をまとめつつ,日本における外国語教育への応用の可能性に関して述べたものである。そして,関連するキ-ワ-ドである複言語主義やELP(ヨ-ロッパ言語ポ-トフォリオ)について解説した上で,日本の外国語教育にも大いに示唆を与えるものであることを強調する。

Subject
370 Education
Keyword
欧州評議会
言語教育政策
複言語主義
CEFR
ELP
References

1)ELEC.杉谷美佐子(2011)「今,『英語プラス1言語』の選択肢を考える」,『英語教育』1月号.pp.37 ~
39.
2)大谷泰照ほか編.(2010).『EUの言語教育政策 
-日本の外国語教育への示唆』,くろしお出版 North, Brian (2009) "CEFR: Nature, Relevance and Current Development", 『第14回ヨ-ロッパ日本語教育シンポジウム』,ヨ-ロッパ日本語教師会
3)岡秀夫. (2008).「英語教育の基準を求めて―日本版 CEFRへの取り組み」,『英語展望』,116号,pp.18 ~ 23,80.
4)Council of Europe. (2001). Common European Framework of Reference for Langauges: Learning, teaching, assessment. Cambridge University Press.(吉島 茂・大島理枝他訳(2004,2008)『外国語の学習,教授,評価のためのヨーロッパ共通参照枠』,朝日出版社)
5)嘉数勝美. (2011). 『グローバリゼーションと日本
語教育政策』,ココ出版
6)小池生夫他. (2008). 『第二言語習得研究を基盤と
する小,中,高,大の連携をはかる英語教育の先導的基礎研究』,科学研究費補助金研究成果報告書.
7)小池生夫編. (2009).『英語展望』第117号(2009年
冬)「特集・CEFRと日本の英語教育」
8)国際交流基金.(2009).『JF日本語スタンダ-ド(試
行版)』,国際交流基金
9)North, Brian (2009) "CEFR: Nature, Relevance and Current Development", 『第14回ヨ-ロッパ日本語教育シンポジウム』,ヨ-ロッパ日本語教師会
10)橋内 武. (2010).「EUと欧州協議会の言語(教育)
政策」,桃山学院大学『国際文化論集』,第43号 
pp.51 ~ 70.
11)van Ek, J.A. and J.L.M.Trim.(1993). Threshold Level 1990. Strasbourg: Council of Europe Publishing.(米山朝二・松沢伸二訳(1998)『新しい英語教育への指針』,大修館書店)
12)Bernaus, Merce et al. (2007) lurilingual and pluricultural awareness in language teacher education. Strasbourg: Council of Europe Publishing.
13)Byram, Michael. (2008) From foreign language education to education for intercultural citizenship. Clevedon: Multilingual Matters.
14)細川英雄・西山教行編著.(2010).『複言語・複文
化主義』,くろしお出版
15)真嶋潤子.(2010).「日本の言語教育における『ヨー
ロッパ言語共通参照枠(CEFR)』と『能力記述(Can-do
statement)』の影響」,Maria Gabriel Schmidt, et al eds『日本と諸外国の言語教育におけるCan-Do評
価』,朝日出版社,pp.49 ~ 56.
16)武蔵大学人文学部編(2008)『多言語多文化学習の
すすめ』,朝日出版社.
17)村上直久.(2009).『EU情報事典』,大修館書店
18)Little, David. (2007). Preparing teachers to use the European Language Portfolio. Strasbourg: Council of Europe Publishing.
19)Wilkins, D.A. (1976). Notional syllabuses. Oxford : Oxford University Press.

Publish Date
2011-06-16
Publication Title
中国学園紀要
Publication Title Alternative
Journal of Chugokugakuen
Volume
10
Start Page
57
End Page
65
ISSN
1347-9350
NCID
AA11806598
Publisher
中国学園大学/中国短期大学
Copyright Holders
中国学園大学
中国短期大学
Contents Type
Departmental Bulletin Paper
language
Japanese
File Version
publisher