女子学生の和服に対する意識 - 1990年調査と2007年調査の比較-

URI http://cur-ren.cjc.ac.jp/metadata/664
FulltextURL
Title
女子学生の和服に対する意識 - 1990年調査と2007年調査の比較-
Title Alternative
Female Students ’Conscious Attitudes toward Japanese Style Clothes - Difference between questionnaire in1990 and 2007 -
Author
著者 近藤 信子
著者(別表記) Kondo Nobuko
著者 冨氣 久江
著者(別表記) Fuki Hisae
Abstract

1990年(第1回調査)と2007年(第2回調査)に女子学生を対象に行った質問紙調査の結果を比較しながら,和服の現状と今後の在り方について検討した。調査内容は和服に対するイメージと評価である。和服に対する評価についてはファッション性・審美性・実用性・社会性の次元で項目を設定した。和服に対するイメージについては,1990年の調査結果では「好感」「女性的上品さ」「華やかさ」の3因子が抽出されたが,2007年調査の分析結果からは「儀礼性」「好感」「静的」の3因子が抽出された。女子学生は,和服の審美性について高く評価しており,和服への関心も高いことが明らかとなった。この結果については,調査年による大きな差異はみられない。ファッション性については,和服の個性的な着付けや新しい組み合わせを工夫したいとする者が2007年調査結果では多かった。和服の実用性についての評価は高くない。民族服に対するは意識は1990年調査より2007年調査のほうが有意に低かった。

Subject
590 Domestic arts and sciences
380 Customs, folklore and ethnology
Keyword
和服
女子学生
伝統的衣文化
儀礼性
好感
Publish Date
2008-06-16
Publication Title
中国学園紀要
Publication Title Alternative
Journal of Chugokugakuen
Volume
7
Start Page
13
End Page
20
ISSN
1347-9350
NCID
AA11806598
Publisher
中国学園大学/中国短期大学
Copyright Holders
中国学園大学/中国短期大学
Official URL
Contents Type
Departmental Bulletin Paper
language
Japanese
File Version
publisher