伝承あそびに関する調査研究(1)― 約30年間における伝承あそびの意識変化 ―

URI http://cur-ren.cjc.ac.jp/metadata/663
FulltextURL
Title
伝承あそびに関する調査研究(1)― 約30年間における伝承あそびの意識変化 ―
Title Alternative
Research about Traditional Play - A Consciousness Change in Traditional Play over 30 Years -
Author
著者 大橋 美佐子
著者(別表記) Ohashi Misako
著者 谷本 満江
著者(別表記) Tanimoto Michie
Abstract

1980年度入学生と2007年度入学生の「伝承あそび」のアンケート調査の結果,1980年度入学生は,戸外で身体を使った群れあそびが中心となり,身体のバランスを養ったり,自然物を利用したりするあそびが主であった。1980年度入学生と2007年度入学生で変化が大きかったものはあそびの内容で,身体をぶつけ合ったり,ふれあったりするあそびが激減していた。あそびの名称を挙げると,「馬のり」は2007年度入学生においては,名称も知らないという現状があった。その背景の一つには,子どもの身体の変化も影響していると思われる。2007年度入学生は,あそびの種類は約30年前に比べて30種類程度増えていたが,名称が変わっただけで,あそびの内容は同じものが多かった。今後,保育学生としての自己研鑽は必要不可欠であるが,保育者養成の立場においては,「伝承あそび」に触れさせたり,実践させたりすることが必要だと考える。

Subject
380 Customs, folklore and ethnology
Keyword
伝承あそび
生活活動
環境
Publish Date
2008-06-16
Publication Title
中国学園紀要
Publication Title Alternative
Journal of Chugokugakuen
Volume
7
Start Page
7
End Page
12
ISSN
1347-9350
NCID
AA11806598
Publisher
中国学園大学/中国短期大学
Copyright Holders
中国学園大学/中国短期大学
Official URL
Contents Type
Departmental Bulletin Paper
language
Japanese
File Version
publisher