放射線殺菌した香辛料の “光励起ルミネッセンス(PSL)測定法”による検知

URI http://cur-ren.cjc.ac.jp/metadata/654
FulltextURL
Title
放射線殺菌した香辛料の “光励起ルミネッセンス(PSL)測定法”による検知
Title Alternative
Detection by Photo Stimulated Luminescence(PSL)of Spices that Sterilizes Radiation
Author
著者 北島 葉子
著者(別表記) Kitajima Yoko
著者 多田 幹郎
著者(別表記) Tada Mikiro
Abstract

照射食品の国内流通を監視するためには,食品照射の検知技術が必要であり,照射の有無の判定法,即ち,「照射履歴の検知法」の確立が必須である。照射した食品に香辛料を用いて,照射の有無,保存あるいは流通過程を経た後も放射線照射したこと,即ち,放射線照射履歴が保持されるか否かを明らかにすることを目的として,放射線照射の有無の判定および,照射履歴の保存に及ぼす温度及び光の影響を調べた。その結果,照射食品は低温暗所では安定であり,50℃の温度下,即ち常温の流通過程においてもその照射履歴が消滅することはなかった。しかし,光には不安定であり,非常に顕著に照射履歴を消滅させる。よって,照明が避けられない一般の市場流通の末端では,放射線照射の有無の判定はPSL法では検知できない。そのため,他の検知法技術が必要であると推察した。

Subject
490 Medical sciences. Pharmaceutics
610 Agriculture
Keyword
光励起ルミネッセンス
食品照射
香辛料
放射線殺菌
照射履歴検知法
Publish Date
2009-06-16
Publication Title
中国学園紀要
Publication Title Alternative
Journal of Chugokugakuen
Volume
8
Start Page
171
End Page
176
ISSN
1347-9350
NCID
AA11806598
Publisher
中国学園大学/中国短期大学
Copyright Holders
中国学園大学/中国短期大学
Contents Type
Departmental Bulletin Paper
language
Japanese
File Version
publisher