ピアノ基礎技法 ~ペダルの使い方~

URI http://cur-ren.cjc.ac.jp/metadata/65
FulltextURL
Title
ピアノ基礎技法 ~ペダルの使い方~
Title Alternative
The Basic Piano Techniques:Pedaling
Author
著者 大山 佐知子
著者(別表記) Oyama Sachiko
Abstract

It is to bedesired that a child begins to be used to pedaling as soon as his feet reach the pedals, because the pedaling keeps the sound longer and changes the nature of the sound. The pianist must change the finger touch in accordance with the pedals,if he wants to have the sound he imagines. At last, it is ideal to be used to pedaling without being aware of it.
ペダルは,足がペダルに足りるようになったら,早いうちに経験を積み重ねる方が望ましい。なぜなら,ペダルを使用することにより,音が長く保持されて響きが変化してしまうからである.イメージに合う響きを作るのに,ペダルを
使う時と使わないときでは,指のタッチを微妙に変えなければなくなる。最終的に,ペダルは,必要なだけ無意識に使用するのが理想である。

Subject
760 Music
Keyword
ペダルの種類
静かに踏むペダル
音とペダルのタイミング
Publish Date
2005-06-16
Publication Title
中国学園紀要
Publication Title Alternative
Journal of Chugokugakuen
Volume
4
Start Page
53
End Page
59
ISSN
1347-9350
NCID
AA11806598
Publisher
中国学園大学/中国短期大学
Copyright Holders
中国学園大学/中国短期大学
Official URL
Contents Type
Departmental Bulletin Paper
language
Japanese
File Version
publisher