児童手当報道の一考察 ―公明新聞を中心に―

URI http://cur-ren.cjc.ac.jp/metadata/641
FulltextURL
Title
児童手当報道の一考察 ―公明新聞を中心に―
Title Alternative
Studies of Newspaper Reports on Child Allowance ―With a Focus on the Komei Newspaper―
Author
著者 松井 圭三
著者(別表記) Matui Keizou
Abstract

我が国の児童手当は先進国と比較して,後発国である。1972(昭和47)年から第3子のいる保護者等に支給されたが,手当額は3,000円である。また所得制限が厳しく,受給対象は主に低所得者であった。しかし,我が国はその後未曾有の少子化国となり,同手当は子育て支援の中核として再編された。特に,公明党が1999(平成11)年連立政権に参加して以来,同党の政策として同手当の拡充整備が図られたのである。この研究では,同党の児童手当政策に焦点を置き,同党の政策概要を研究するため,主に公明新聞を調査対象にして同手当の報道の概要,政策を整理した。

Subject
360 Society
Keyword
少子化
子育て支援
家族手当
Publish Date
2009-06-16
Publication Title
中国学園紀要
Publication Title Alternative
Journal of Chugokugakuen
Volume
8
Start Page
55
End Page
60
ISSN
1347-9350
NCID
AA11806598
Publisher
中国学園大学/中国短期大学
Copyright Holders
中国学園大学/中国短期大学
Contents Type
Departmental Bulletin Paper
language
Japanese
File Version
publisher