身体装飾意識について ―韓国と日本の女子学生の比較から― 第2報 独自性欲求との関連

URI http://cur-ren.cjc.ac.jp/metadata/636
FulltextURL
Title
身体装飾意識について ―韓国と日本の女子学生の比較から― 第2報 独自性欲求との関連
Title Alternative
Research on Personal Adornment ―A Comparison between Korean and Japanese Female College Students― Part 2: Need for Uniqueness
Author
著者 近藤 信子
著者(別表記) Kondo Nobuko
著者 宇野 保子
著者(別表記) Uno Yasuko
著者 孫 珠熙
著者(別表記) Sohn Juhee
著者 中川 早苗
著者(別表記) Nakagawa Sanae
Abstract

韓国と日本の女子学生を対象に,身体装飾行為の実態および採用動機と採用後の心理的効果を把握する目的で調査 を行った。さらに,独自性欲求との関連についても検討し,次のような結果を得た。
(1) 調査対象者の独自性欲求を「ユニークさ尺度」を用いて4タイプに分類したところ,4タイプの割合に韓日で有意差がみられた。韓国の女子学生は「自己顕示型」が最も多く,最も少ないタイプは「わが道型」であった。これに対し日本の女子学生では「わが道型」が最も多く,少ないタイプは「自己中心型」「自己顕示型」の2つのタイプでほぼ同じ割合を示した。
(2) 4タイプと身体装飾行為の実態には関連がみられなかったが,採用動機と採用後の心理的効果に関連がみられた。項目ごとの評価に違いがみられるものの,「自己顕示型」「自己中心型」「抑圧型」が身体装飾行為の採用動機や採用による心理的効果にプラスの評価をしている者が多いのに対して「わが道型」は否定する者が多いことが明らかになった。

Subject
380 Customs, folklore and ethnology
Keyword
身体装飾意識
日韓比較
独自性欲求
ユニークさ尺度
Publish Date
2009-06-16
Publication Title
中国学園紀要
Publication Title Alternative
Journal of Chugokugakuen
Volume
8
Start Page
9
End Page
18
ISSN
1347-9350
NCID
AA11806598
Publisher
中国学園大学/中国短期大学
Copyright Holders
中国学園大学/中国短期大学
Contents Type
Departmental Bulletin Paper
language
Japanese
File Version
publisher