私たちの日常生活に関する研究(3) -幼児の睡眠リズムと平衡性能力から検討-

URI http://cur-ren.cjc.ac.jp/metadata/55
FulltextURL
Title
私たちの日常生活に関する研究(3) -幼児の睡眠リズムと平衡性能力から検討-
Title Alternative
Research on Our Lifestyle(3) -AS tudy of Rhythm of Sleep and the Sense of Equilibrium in lnfants-
Author
著者 谷本 満江
著者(別表記) Tanimoto Michie
著者 原田 眞澄
著者(別表記) Harada Masumi
Abstract

本研究は睡眠リズムを重視し検討した。子どもは睡眠リズムが狂えば慢性時差ぼけ状態になり,発育にも影響すると危倶されている。さらに休日の朝寝坊は体内時計を狂わせやすい。そこで,毎日規則的な睡眠リズムを送っている子ども(規則的群)と,週末に睡眠リズムが崩れる子ども(週末崩れ群)において検討した。併せて,体力テスト(平均台歩き・開眼片足立ち)を実施した。休日の起床時刻において,規則的群は週末崩れ群に比し1時間23分早く起床し,有意に優れていた。体力テストの開眼片足立ちは規則的群が週末崩れ群に比し,14.6秒長くできていたが有意差は認められなかった。

Subject
490 Medical sciences. Pharmaceutics
590 Domestic arts and sciences
370 Education
Keyword
睡眠リズム
平衡性能力
規則正しい生活
Publish Date
2006-06-16
Publication Title
中国学園紀要
Publication Title Alternative
Journal of Chugokugakuen
Volume
5
Start Page
137
End Page
140
ISSN
1347-9350
NCID
AA11806598
Publisher
中国学園大学/中国短期大学
Copyright Holders
中国学園大学/中国短期大学
Official URL
Contents Type
Departmental Bulletin Paper
language
Japanese
File Version
publisher