自主協同学習論による大学授業の改革

URI http://cur-ren.cjc.ac.jp/metadata/515
FulltextURL
Title
自主協同学習論による大学授業の改革
Title Alternative
A Study on Educational Improvement in Higher Education based on the Theory of Cooperative Collaboration in Classroom Learning
Author
著者 髙旗 正人
著者(別表記) Takahata Masato
Abstract

 本稿は,大学授業の改革(改善)に対する自主協同学習論からの実践的提案である。従来の大学授業の改革は,そのほとんどが,教材提示法や教材提示技術の改善に限られていた。本改革は,教師と学生との授業過程におけるリーダーシップの交替による授業の改革を目的としている。教師の授業過程でのリーダーシップを一部後退させて,学生たちがリーダーシップを発揮することによって,授業を展開する。その過程をどのように展開したか。具体的に写真で示すことが目的である。さらに,そのような授業に対する学生からの評価を公開することで,この自主協同学習論による授業改善と評価のあり方を明示しようとした。

Subject
370 Education
Keyword
自主協同学習論
授業形態
授業改革
班役割
ノート指導
授業の肯定的評価
Publish Date
2010-06-16
Publication Title
中国学園紀要
Publication Title Alternative
Journal of Chugokugakuen
Volume
9
Start Page
93
End Page
107
ISSN
1347-9350
NCID
AA11806598
Publisher
中国学園大学/中国短期大学
Copyright Holders
中国学園大学/中国短期大学
Contents Type
Departmental Bulletin Paper
language
Japanese
File Version
publisher