都道府県ごとの教師の精神疾患を原因とした病気休職「発生率」のデータ報告Ⅱ ―平成19年度のデータを中心に―

URI http://cur-ren.cjc.ac.jp/metadata/495
FulltextURL
Title
都道府県ごとの教師の精神疾患を原因とした病気休職「発生率」のデータ報告Ⅱ ―平成19年度のデータを中心に―
Title Alternative
A Statistical Report on Sick Leave Taking among Japanese Teachers due to Psychological Illness Ⅱ
Author
著者 高木 亮
著者(別表記) Takagi Ryo
Abstract

 本稿は「平成19年度 教育職員に係る懲戒処分等の状況一覧」に47都道府県の教師数を比較することで,教師の精神疾患による病気休職者数の発生比率を計算し,その関連要因の検討と議論を行うことを目的とする。高木(2009)の平成18年度報告につづき,本稿でも平成19年度の文部科学省の諸報告等を基に相関性の高い要因を探索することで,「発生率」の規定要因について議論を行う。加えて,教師の精神疾患による病気休職と多忙・多忙感およびストレスと言ったテーマに関する今後の課題について若干の検討を加えることとした。

Subject
370 Education
Keyword
教師ストレス
精神疾患による病気休職
公立初等中等学校
Publish Date
2010-06-16
Publication Title
中国学園紀要
Publication Title Alternative
Journal of Chugokugakuen
Volume
9
Start Page
73
End Page
80
ISSN
1347-9350
NCID
AA11806598
Publisher
中国学園大学/中国短期大学
Copyright Holders
中国学園大学/中国短期大学
Contents Type
Departmental Bulletin Paper
language
Japanese
File Version
publisher