レンブラントの自画像 : ユング心理学からのアプローチ

URI http://cur-ren.cjc.ac.jp/metadata/35
FulltextURL
Title
レンブラントの自画像 : ユング心理学からのアプローチ
Title Alternative
Rembrandt's Self-portraits : A Jungian Psychological Approach
Author
著者 斉藤 真奈美
著者(別表記) Saitou Manami
Abstract

オランダにおいて最も偉大な画家のひとりであるレンブラントは,生涯にわたって非常に多くの自画像を残している。それらを詳細に検討してゆくと,青年期, 壮年期,そして晩年と,単に外見だけではない,彼の内面的な変化を見て取ることができる。本論文では,ユング心理学を応用し,レンブラントがフランドルの巨匠,ルーベンスを彼の「影」とし,みずからの「ペルソナ」と格闘した前半生,それらを自らに統合してゆくものとしての後半生を考察する。殊に後半生については,彼の人生がまさしく「共時性」によって後の作品へと導かれるような展開を見せていることを論じる。また,晩年の『笑う自画像』を中心とした作品についても,「老賢者」,「老愚者」といったタームを援用しながら考えてゆく。

Subject
720 Painting. Pictorial arts
140 Psychology
Keyword
レンブラント
ユング
影の統合
Publish Date
2006-06-16
Publication Title
中国学園紀要
Publication Title Alternative
Journal of Chugokugakuen
Volume
5
Start Page
29
End Page
37
ISSN
1347-9350
NCID
AA11806598
Publisher
中国学園大学/中国短期大学
Copyright Holders
中国学園大学/中国短期大学
Official URL
Contents Type
Departmental Bulletin Paper
language
Japanese
File Version
publisher