我が国における子どもの歌の多様性について : 明治時代からの変遷(1)

URI http://cur-ren.cjc.ac.jp/metadata/24
FulltextURL
Title
我が国における子どもの歌の多様性について : 明治時代からの変遷(1)
Title Alternative
A Study of the Variety of Children Songs in Japan : Change of Music Style Since Meiji Period (1)
Author
著者 有道 惇
著者(別表記) Arimichi Makoto
著者 津上 崇
著者(別表記) Tsugami Takashi
Abstract

今日,我が国の子どもたちが歌っている歌は非常に多様である。それらは,ポップス調,民謡調,わらべうた,唱歌,童謡そしてアニメソング等と,歌の種類は非常に幅が広く,全国各地に広まっている。これには,昭和24年に始まった「歌のおばさん」1)等のマスメディアの力による影響が大きく,このような傾向は今日まで継続している。一方,これら多様な「子どもの歌」は,明治以降における西洋化の影響と,これに沿って取り組まれた,西洋的な歌を作るという国の方針とが相俟って,多数の唱歌や童謡が誕生してきた。ところが,この国の方針にも関わらず,誕生してきた歌は,日本語の抑揚にも起因して,伝統的な「わらべうた」,「子守歌」,「民謡」等にみられる「ヨナ抜き音階」の側面が今日まで尾を引いているものも少なくない。そこで,明治以降の「子どもの歌」を分析検討することで,いわゆる西洋音楽(以下,洋楽と略)の受容がどのように行われて,伝統的な音楽(以下,和楽と略)が「子どもの歌」にどのような影響を及ぼし,両者がどのように融合してきたかを検討する。

Subject
760 Music
370 Education
Keyword
子どもの歌
唱歌
音階
和楽
洋楽
Publish Date
2007-06-16
Publication Title
中国学園紀要
Publication Title Alternative
Journal of Chugokugakuen
Volume
6
Start Page
183
End Page
193
ISSN
1347-9350
NCID
AA11806598
Publisher
中国学園大学/中国短期大学
Copyright Holders
中国学園大学/中国短期大学
Official URL
Contents Type
Departmental Bulletin Paper
language
Japanese
File Version
publisher