ポストBEPSにおける「企業の不確実性の排除(予見可能性)」の動向と今後の方向性

URI http://cur-ren.cjc.ac.jp/metadata/901
FulltextURL
Title
ポストBEPSにおける「企業の不確実性の排除(予見可能性)」の動向と今後の方向性
Title Alternative
The Trend of “the Exclusion of the Uncertainty of the Corporation (the Foreseeability)” in Post BEPS and the Directionality in the Future
Author
著者 大城 隼人
著者(別表記) Ooshiro Hayato
Abstract

 ポストBEPSの段階に入り,各国は勧告を受け,近い将来各国の「実効性」が試される。本稿では現行制度の課税紛争解決について,論述している。紛争解決方法には,「事前確認」「国内争訟」「相互協議」「対応的調整」「仲裁」による方法があり,各項目について,制度の趣旨・円滑,議論の焦点と改正の方向性を示している。

Subject
330 Economics
Keyword
ポストBEPS
企業の不確実性の排除〔予見可能性〕
事前確認
相互協議
対応的調整
仲裁
国内争訴
Publish Date
2017-06-16
Publication Title
中国学園紀要
Publication Title Alternative
Journal of Chugokutakuen
Volume
16
Start Page
295
End Page
303
ISSN
1347-9350
NCID
AA1180598
Publisher
中国学園大学/中国短期大学
Copyright Holders
中国学園大学
中国短期大学
Contents Type
Departmental Bulletin Paper
language
Japanese
File Version
publisher