セピア調映像の心理的効果に関する探索的検討

URI http://cur-ren.cjc.ac.jp/metadata/875
FulltextURL
Title
セピア調映像の心理的効果に関する探索的検討
Title Alternative
An Exploratory Study on Psychological Effects of Sepia Tone Images
Author
著者 藤原 美佳
著者(別表記) Fujiwara Mika
著者 福森 護
著者(別表記) Fukumori Mamoru
Abstract

 本研究の目的は,セピア調映像が,なつかしさや古さを表現するときの心理的な効果について,カラーおよび白黒との比較において探索的に検討することである。84名の被験者をカラー群,白黒群,セピア群に分け,それぞれの群に対して,映像を見せた後,なつかしさや古さにかかわる項目からなる質問紙に回答させた。一要因の分散分析を適用した結果,モノクローム,有彩色という特性が与える効果が示された。また,「何かを思い出す」など一部の項目では,カラー
や白黒とは異なるセピアの特徴が示された。さらに,判別分析を適用した結果,高い精度で群の判別が行えることが示された。

Subject
740 Photography and photographs
140 Psychology
750 Industrial arts
Keyword
セピア
カラー
白黒
映像
なつかしさ
References

青山 征彦・海保 博之(1998).映像の過去表現を理解するための手がかりについて 筑波大学心理学研究,20,59-67.
藤田 勲(1999).セピア写真の化学(1) SUT BULLETIN 8, 66-69.
池田 恭子・針塚 進(2015).表現様式の違いが懐かしさ体験に伴う情動と身体感覚に与える影響についての検討 九州大学心理学研究,16,17-24.
岩崎 俊彦(1998).カラー根が現像専用モノクロームフィルムの設計思想と技術 日本写真学会誌,61巻,1号.
楠見 孝(編)(2014).日本心理学会(監修)なつかしさの心理学――思い出と感情―― 誠信書房
Kusumi, T., Matsuda, K., & Sugimori, E. (2010) The effects of aging on nostalgia in consumers’ advertisement processing, Japanese Psychological Research, 52(3), 150-162.
三浦 佳世(1999).絵画における時間:視覚要因の分析を通して 基礎心理学研究,17,121-126.
村野井 均・宮川 祐一(1994).テレビ理解における番組制作者の役割―映像の過去形の使われ方― 福井大学教育学部紀要Ⅳ(教育科学),47,129-140.
佐藤 慈・児守 啓史・清水 穂高・青木 直和・小林 裕幸(2008).画質が写真の時間印象に与える効果 映像情報メディア学会誌,62, 398-407.

Publish Date
2017-06-16
Publication Title
中国学園紀要
Publication Title Alternative
Journal of Chugokugakuen
Volume
16
Start Page
75
End Page
82
ISSN
1347-9350
NCID
AA1180598
Publisher
中国学園大学/中国短期大学
Copyright Holders
中国学園大学
中国短期大学
Contents Type
Departmental Bulletin Paper
language
Japanese
File Version
publisher